調停って何するの?

一般の方は、家庭裁判所と聞いただけでも、ドキッとしませんか? 

とても、怖いところというイメージはないですか? 

実際に行ってみると、そうでもないですよ。 

けっこう親切に教えてくれます。 

電話の応対も、昔に比べるとずいぶん丁寧になったような気がします。 

裁判員制度が始まってから、裁判所もけっこう気を遣っているなという印象を受けます。 

調停をするのは、調停委員2人です。 

月1回の割合で調停が開かれます。

調停委員は、当事者(夫、妻)の意見を聞いて、妥協案を提示します。 

このとき、調停委員によって、かなり意見に開きがあるようです。 

調停も交渉と考えるなら、調停委員には嫌われないようするほうが賢明でしょう。 

感情的になり過ぎない(いろいろと我慢してきたことはしっかり伝えてくださいね)、

立証資料を揃える、礼儀正しい言葉使い、立ち居振る舞いを心がけてください。

 調停委員は、年配の方が多いので、その辺りを考えた行動をしてください。

調停で和解が成立しないときは、家事審判官(家庭裁判所の裁判官)が判断を下します。

この審判に納得できないときは、裁判しか道はありません。

 

 


カテゴリー: 婚姻費用 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ