贈与契約書 雛形(サンプル)

 

相続税の節税で、贈与を利用される方は多いです。

例えば、親が子ども名義の通帳に年間110万円までの金額を貯金するというものです。

この場合、子どもが贈与の事実を知らず、通帳を親が管理している状態だと、将来相続税

調査が入った場合、贈与とは認められず、単なる名義預金としてみなされることになりま

す。これでは、相続税対策には全くならないことになってしまいます。

贈与契約は、上げる方ともらう方が、「あげます」「もらいます」と意思表示しなければ

なりません。税務署に、名義預金と言われないために、親が子どもの通帳に贈与金額を振

り込み、贈与契約書を作成しておかれるとよいでしょう。署名は、当事者がしなければな

りません。

_______________________________________

贈与契約書

贈与者 鈴木太郎(以下「甲」という)と受遺者鈴木次郎(以下「乙」という)は、以下の通り贈与契約を締結した。

 

第1条  甲は、現金      万円を乙に贈与するものとし、乙はこれを受諾した。

第2条  甲は、現金   万円を平成  年  月  日までに、乙の下記口座に振り込むものとする。

○○ 銀行 ○○ 支店 普通預金口座 口座番号○○○○

 口座名義人 鈴木次郎

上記の通り契約が成立したので、これを証するため、本契約書2通を作成し甲乙各1通を保有する。

平成  年  月  日

贈与者(甲) 住所 ________________________

       氏名 ________________________ 印

受遺者(乙) 住所 ________________________

       氏名 ________________________ 印

 

贈与について聞きたい方 、相続税について聞きたい方

面談によるご相談 初回相談料無料

 → TEL 0797-55-6203 まで (外出時は携帯に転送されます)

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 契約書 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ