離婚と不動産 共有名義の不動産がオーバーローン

婚姻時、マンションを共有名義で購入し、離婚の際にオーバーローンになっている場合、

マンションを売却すると、夫と妻で、負債も2分の1ずつ分けることになります。

プラスの財産と相殺できるのならよいですが、そうでないならば、妻は夫に持ち分を

贈与し、連帯保証人を抜いてもらうようにするのも手でしょう。

マイナスを背負うよりは、ゼロのほうがましという考え方です。

最近は、不動産価格が下がり、オーバーローンに陥ることが増えています。

不動産の取り扱いをどうすればいいのかと悩んでおられる方は、ご相談ください。


カテゴリー: ブログ, 不動産 タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ