エンディングノート

最近、エンディングノート という映画が話題になっています。

女性の映画監督が、父親の癌が見つかってから亡くなるまでを、カメラで

撮り続けたドキュメンタリーです。

父親は自分の死後のことをきっちりエンディングノートに書き記していきます。

家族のだれかが亡くなったとき、残されたものは、亡くなった人の気持ちを

知りたいと思うでしょう。お葬式にしても、「お父さんだったら、こんなお葬式を

望んだはず」と思いながらも、「これでよかったのかな」という気持ちが出てくる

かもしれません。そういうときに、自分がどうしてほしいのかというメッセージを

家族に残すことによって、残されたものは、迷うことなくその通りに実行することが

できます。

人間の生と死というのは、まったく別のものというより、一直線上にあるものなんだなぁ

と思います。

 

 

残す


カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ