相続放棄は、生前にはできない

父親の会社を継いでいる兄から、「父親が生きているうちに相続放棄してほしい」

と言われた ― このような場合、相続放棄は可能でしょうか。

答えは、相続放棄できません。

上記の例でいうと、相続放棄は、父親の死後、

家庭裁判所に「相続放棄」の申述をしなければなりません。

申し立てに対して、家庭裁判所は相続放棄が認められるかどうかを判断するのです。

申立の書式は、家庭裁判所のHP からダウンロードできます。

兄に言われた弟が、父親が生きているときに、「相続放棄します」と言ったとしても、

それは法律的に相続放棄したことにはならないのです。

ちょっと難しいですね。

 

 


カテゴリー: 相続 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ