相続税の課税、過去最低の4.1%

平成21年度中に亡くなった方で、相続税を払った人の割合は、4.1%だそうです。(国税庁より)

1994年以降で最低だそうです。デフレの影響で土地の価格が下がったのが大きな要因のようです。

平成23年相続税改正案では、基礎控除額の縮小があげられています。

現在は、5,000万円+1,000万円×相続人 が控除されていますが、

それが、3,000万円+600万円×相続人 に減額される案です。

少し先ですが、これが現実になると、相続税を納めなければならない人が、かなり増えるでしょう。

年少者扶養控除の廃止、成年扶養控除縮小、給与所得控除縮小、大増税時代が、そこまできています。


カテゴリー: 相続 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ