公正証書遺言の付言事項 書く? 書かない?

公正証書遺言の最後に、遺言者の相続人に対する気持ちを書くことができます。

付言事項と言われています。

例えば、相続人のうち、一人だけに遺産を多く分けるような遺言をしていた場合、

なぜ、遺言者がそのような分け方をしたのか、その気持ちを相続人に向けて書く

ことができます。

少ない分け前しかもらえなかった相続人を納得させ、争いを防ぐ役割をするかも

しれません。

ただ、遺言者によっては、そのような気持ちを、公証人や他の証人の人には聞かれ

たくないと思う人もいます。

そのような場合は、例えば相続人あてに手紙を書き、公正証書遺言の正本と一緒に保管

し、遺言書と同時に読まれるようにする方法もあります。

自分の気持ちを、公証人や証人に知られてしまうのは、私自身も抵抗を感じるものが

あります。私だったら、付言事項は書かないかなぁ・・・

 

 

 

 

できます。

例えば、


カテゴリー: 公正証書遺言 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ