遺言作成の注意点(遺言者よりも相続人が先に死亡した場合)

例えば、父親が、3人の子どものうち、長男に全ての財産を相続させるという遺言を作成

したとしましょう。では、父親よりも先に長男が亡くなってしまったら、長男がもらうは

ずであった財産は、誰が相続するのでしょうか。

長男に子どもがいなかった場合には、他の兄弟姉妹が法定相続分通りに分けるというのが

一般的な考え方だと思います。

では、長男に子どもがいた場合は、どうなるでしょう。

平成23年2月22日の最高裁は、原則として代襲を認めず当該遺言の効力は発生しないとい

う判決を出しました。

遺言の中に、長男が先に亡くなった場合、孫に相続させるという文言を入れておかない

と、長男が相続するはずであった財産は、他の兄弟姉妹が法定相続分に従って分けること

になります。

遺言を作成されるときは、ご注意くださいね。


カテゴリー: 遺言 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ