相続財産の範囲 – 形見分け

亡くなった方の遺品を遺族で分ける「形見分け」という慣習があります。

基本的には形見も遺産分割の対象になりますが、慣習上容認される程度のもの

(経済的価値があまりないもの)であれば遺産分割の対象外となります。

高価な宝石類などは、遺産分割の対象になります。

形見分けが原因で、相続人同士が争いにならにように気をつけてください。


カテゴリー: ブログ, 相続財産の範囲 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ