相続欠格

相続人が、不法な行為をしたり、犯罪や重大な非行を犯したりした場合に、相続権がなくなることを相続欠格

といいます。

相続欠格に該当すると、特別な手続きをとらなくても当然に相続権を失います。

また、相続欠格は遺言よりも強い効力がありますので遺贈(遺言で贈与を受けること)を受ける権利も

なくなります。

ただし、親が相続欠格になっても、その子は代襲相続人として相続を受けることができます。

  

 

●相続欠格となる事由

①故意に、被相続人または先順位もしくは同順位にある相続人を死亡させたり、死亡させようとしたために、

 刑に処せられた者

②被相続人が殺害されたことを知りながら、告訴・告発しなっかた者

(ただし、相続人に是非の弁別がないとき、または殺害者が自己の配偶者もしくは直系血族であったときは

除かれる)

③詐欺または脅迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、これを取り消し、またはこれを変更することを妨げた者

④相続に関する被相続人の遺言書を偽造・変造・破棄または隠匿したもの

(続欠格の原因の中でで一番多いのがこれです。)

 

●遺産分割協議の無効

相続欠格事由は相続開始前に生じる場合と相続開始後に生じる場合があります。 

相続開始後に相続欠格事由が生じた場合は、相続欠格者は、相続開始時に相続人でなかったこと

になりますので、その者を加えてなした遺産分割協議も遡って無効になります。

その結果、相続欠格者を除いて、かつ相続欠格者の代襲相続人を加えて、再度、遺産分割協議をやり直す

ことになります。


カテゴリー: 相続欠格-相続権がなくなる強い権利 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ