リビングニーズ特約

「終活」の広がりで関心を集めているのが、リビングニーズ特約です。

リビングニーズ特約とは、余命半年と宣告された場合、死亡保険金を生前に受け取ることができるというものです。

請求を受けた保険会社は、余命6カ月以内と判断すると、病気の種類を問わず、死亡保険金の全額、または一部を給付します。(支払いの上限は3000万円)

保険金の使い道は、特に制限されていません。活用例としては、医療費、生活費、介護費用、家族旅行費、差額ベッド代、子どもの教育費などです。「お金のことを気にせずに治療に専念できた」「最後の思い出に家族旅行に行くことができた」など有効に活用されているようです。

予め、配偶者や子どもを「指定代理請求人」に指定しておけば、本人に余命を知らせずに請求することができます。ただし、保険料請求書などが届くと、本人に気づかれてしまいますので、周囲は常に気をつけておくことが必要です。

リビングニーズ特約で支払われる保険金は非課税ですが、残った保険金は相続財産になります。その他の相続財産と合算することで、相続税が発生したり、税率が高くなる可能性もあります。請求する際は、ある程度使い切れる金額にされるとよいでしょう。

 


カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ