慰謝料の時効

夫の不貞行為が原因で慰謝料を請求する場合、時効に気をるける必要があります。

不法行為の消滅時効は、不法行為の損害および加害者を知ったときから3年、

不法行為のときから20年です。(民法724条)

夫の不貞事実を知った時から3年を過ぎると、慰謝料請求権が消滅してしまいます。

また、不貞の相手を知らなくても、不法行為のときから20年で消滅時効にかかります。


カテゴリー: ブログ, 慰謝料 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ