離婚・妻が住宅ローンの連帯保証人になっている場合

離婚の際、妻が住宅ローンの連帯保証人になっているケースはとても多いです。連帯保証契約は、金融機関と妻との契約になるため、夫婦が離婚したからといって、自動的に連帯保証契約が消滅するわけではありません。(金融機関との契約書があるはずです)

離婚後も、夫がローンを滞納すれば、ローンの請求は妻にくることになります。滞納が続くと、金融機関は不動産を競売にかけますが、競売価格よりもローンの残債のほうが多いと、競売後も負債が残ってしまいます。そして、その負債も支払い続けなければならないのです。

妻が連帯保証人を外してもらうためには、金融機関との交渉が必要になります。例えば、夫の親族等に連帯保証人になってもらい、その代わりに妻の連帯保証人を外してもらうなどの方法がありますが、夫の親族等が引き受けるケースは現実には少ないといえるでしょう。

離婚時に妻が連帯保証人になっている場合には、注意が必要です。


カテゴリー: ブログ, 離婚問題 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ