30代、40代が「終活」

 

30代、40代の「終活」に対する関心が高いそうです。

社団法人終活カウンセラー協会は、相続や遺言など人生のエンディングに関する知識を認定している団体ですが、東京で始めた資格試験の人気が高く、大阪や名古屋などでも実施されているそうです。受験者のうち、なんと40代が約3割を占め、30代と合わせると、ほぼ半数に。

公的な資格ではなく、人生の最後への不安を解消したい人や、葬祭業者なども受験しているということです。

家族葬の増加や、東日本大震災などが、自分の最後を考えるきっかけになっているようです。

みなさんも、自分に万一のことがあったら・・・ を考えてみませんか。


カテゴリー: ブログ, 雑記 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ