DVを目撃した子どもの脳が委縮

福井大学子どもの心の発達研究センター・友田明美教授らによると、

DVを日常的に目撃した子どもは、脳の視覚野の一部が委縮する傾向があるということです。

関連記事 → http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20130321152502629

 DVを目撃した子どもが、精神面で影響を受けることは、心理学でも指摘されていますが、

脳の一部が委縮するというのを聞くと、恐ろしくなりますね。

友田教授らの実験では、脳が一番影響を受けやすい年齢は11~13歳で、身体的な暴力よりも

暴言のほうがより深刻な影響を与えることもわかったそうです。

DVの子どもへの影響は計り知れません。

 

 

 


カテゴリー: DV, ブログ タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ