離婚 「子の引き離し」 路上執行を禁止  

 

離婚後、妻と一緒に暮らしていた子どもを夫が連れ去った場合、妻は家庭裁判所に「子の引き渡

しの審判」の申し立てを行います。

妻に子どもを戻すことを命じる審判がでたにもかかわらず、夫がそれに従わない場合、強制執行

の申し立てを家庭裁判所に行うことになります。

強制執行には、直接強制と間接強制があります。

直接強制は、家裁の執行官によって強制的に子どもを連れ戻させるのですが、執行官が子ども

を夫から引き離す際に、保育園や路上でもみ合いになるなどのトラブルが起きていました。

このため、全国の裁判官が協議し、通学路での執行を取りやめ、執行場所を原則自宅とするルー

ルを決めました。最高裁は、5月中にも全国の裁判所に周知するということです。

直接強制は、民事執行法により、子どもを「動産」とみなして行われます。

もう少し、子どもの人格を尊重した法律にしてほしいですね。

直接強制件数 2010年→120件  2011年→132件

子の引き渡しの審判」の申立書

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 離婚問題 タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ