裁判離婚

協議離婚ができず調停・審判でも離婚の合意に達しなかった場合には、

最後の手段として離婚訴訟を起こし、離婚の請求をすることになります。これが裁判離婚です。

離婚訴訟を起こすには、法定離婚事由がなければできません。

法廷離婚事由は下記の通りです。

・不貞(浮気)があったとき

 婚姻関係が既に破綻している場合は、該当しません。

・悪意の遺棄

 夫が勝手に出ていき、生活費も入れない場合など。

・3年以上の生死の不明

・回復の見込みのない強度の精神病

強度の精神病で、日常生活に支障がでることが必要です。

・上記以外の婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

夫のDV 性生活、借金などが原因で婚姻生活が続けられないような場合。

 


カテゴリー: 裁判離婚 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ