株高と国債相場

 

アベノミクスの影響で円安株高が進んでいます。

日本経済がよくなるのはうれしいことですが、一方で国債相場をみると長期金利が徐々に上がって

きています。

10年物国債をみると、 5月1 日 → 0.591  5月20日 → 0.841 と短期間に大きく上昇してい

ます。  本来なら、日銀が国債を買うということで、投資家は安心して国債を買うはず。

にもかかわらず国債が売られているのは、日銀が国債をじゃぶじゃぶ買っているうちに、今持ってい

る国債を売っておこうという投資家心理が働いているからです。

高齢者のご機嫌をとり、年金や健康保険の制度改革にまったく取り組まず、財政赤字を日銀が穴埋

めしている状態。現実を直視すれば、とても恐ろしいです。

 

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 雑記 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ