離婚 不動産の連帯保証人

自宅のマンションの名義が夫になっていても、妻が連帯保証人になっている場合が

多いです。

この場合、夫と離婚が成立したとしても、夫がローンの支払いを滞納した場合には、

請求は元妻のところにいってしまいます。

離婚したからという理由は通用しません。

連帯保証人は、債権者(この場合は銀行)にとって、とても有利なものですが、

連帯保証人(この場合、妻)にとっては、最悪な契約です。

法律では、債権者は、債務者(夫)、連帯保証人(妻)のどちらに支払いを

請求してもよいことになっています。(民法454条)

住宅ローンの場合、ご主人がローンを支払い続けていれば、妻に請求がいくことは

ないと思いますが、滞納するとすぐに請求がくることになります。

ローンを組む際のことをよく覚えていないという方は、是非一度

銀行に問い合わせてください。

離婚に際して、連帯保証人をはずしてもらえるかは、銀行との交渉になりますが、

現実的には、かなり難しいです。

夫の親などに連帯保証人になってもらうことも考えられますが、夫の親の同意が

必要になるので、こちらもなかなか難しい問題です。


カテゴリー: ブログ, 不動産 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ