長期金利が上がると、住宅ローン金利が上がる

 

株高と国債相場 でも書きましたが、国債の長期金利が上昇しています。

長期金利は、住宅ローンやカードローン、企業の借り入れなどの金利の指標になります。

ローンを組む際、固定金利を選択すれば、借入時から完済まで金利は一律ですが、変動金利を

選択すると、金利は半年ごとに見直されます。(金利が見直されても実際には5年間の支払金額は同じ)

銀行には、変動金利を選択している人からの問い合わせも増えているそうです。

リスク分散のために、固定金利と変動金利の両方を選択できる商品もあるようです。

金利の動向は、しっかりチェックされるとよいでしょう。


カテゴリー: ブログ, 雑記 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ