離婚後・ご自身の戸籍と姓

離婚後の戸籍は、以下の3つが選択肢になります。

●旧姓に戻り、新しく自分を筆頭者とした戸籍を作る

戸籍は、氏を同一にする夫婦親子で構成されます。親子3代の記載は認められていませ

ん。おじいちゃん・おばあちゃんと孫は一緒の戸籍に入れないのです。

ご自身が親権者になり子どもを自分の戸籍に入れ、旧姓を名乗らせたい場合は、こちらに

なります。

●旧姓に戻り、結婚前の戸籍に戻る

●婚姻時の姓を名のり、新しく自分を筆頭者とした戸籍を作る

仕事の関係で、婚姻時の氏を変えたくない場合などは、こちらが選択肢になります。

姓は同じでも、ご自身を筆頭者として新しい戸籍を作ることになります。

離婚後3カ月以内に、市町村役場 に婚氏続称の届け出をすれば、家庭裁判所への申立ては

不要です。

子どもの戸籍と姓については、こちらをご覧ください。


カテゴリー: ブログ, 戸籍 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ