「震災がれき受け入れ検討」だけで復興予算が使われた

 

東日本大震災の復興予算が、なんと、がれきの受け入れを検討しただけの自治体に交付された

そうです。その額、244億円

7都道府県10カ所

堺市 → 86億円     衛生組合(東京) → 51億3000万円

川口市(埼玉県)→36.4億円 他

被災地域以外の都道府県で、しかも、がれきを受け入れたのではなく、検討しただけ。

環境省は、制度上の問題で、返還を求めないという。

これって、返還を求められなくても、自主的に返せばいいのでは?と思いますが・・・

無理だったら被災地に寄付するとか・・・

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 雑記 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ