献眼

 

献眼は、目の不自由な方のために、死後に角膜を提供するものです。

献眼の登録は、公益財団法人日本アイバンク協会か、最寄りのアイバンクに申し込みます。

ドナーの数は不足しています。

アイバンク協会のデータによると、待機患者数は減っているのですが、実は、海外から輸入された

角膜を使用させてもらっているからだそうです。

予め登録しておかなくても、死後に家族の同意があれば角膜を提供することは可能です。ただ角

膜は、死亡後、夏で6時間、冬は8時間以内に摘出しないと使用するのが難しくなります。家族が

迅速にアイバンクに連絡できるよう、日ごろから献眼についての意思を伝えておくことが大切です。

 

 

 

 

 

献眼とは

献眼は、目の不自由な方のために、死後に角膜を提供するものです。献眼の登録は、公益財団法人日本アイバンク協会に申し込みます。登録が完了すると、登録証が送られてきます。亡くなった後にアイバンクに連絡するのは、ご家族です。必ず同意を得ておきましょう。


カテゴリー: Smiling Ending Note, ブログ タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ