強制執行とは?

強制執行は、権利者の申立てにより地方裁判所が支払義務者の財産(給与、預金、不動産など)を

差し押さえて、その財産の中から債務を支払わせるというものです。

例えば、養育費の支払いが滞った場合には、妻が地裁に強制執行の申立てをして、夫の給料を差し押さえ、

養育費を強制的に支払わせることが可能です。

強制執行をかけるためには、債務名義といわれる公正証書(強制執行認諾約款付)、

調停調書、審判書、判決書などが必要になります。

また、強制執行をかけるためには、相手の住所、差し押さえる債権の所在(給与の場合は勤務先、

預金の場合は、銀行名と口座のある店名)がわかっていなければできません。

離婚後も相手の勤務先は常に把握しておくことが大切です。

勤務先をあちこち変えているような場合は、難しいです。


カテゴリー: ブログ, 強制執行 タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ