0歳児から投票権

 

7月1日の日経新聞に、「0歳児から投票権を」「少子化時代の選挙制度へ」という記事が載ってい

ました。内容をまとめると、

現在の人口構成からいうと、選挙の行方を左右するのは、団塊の世代を中心とした中高年。

政治家もそれをみこして、高齢者が恩恵を受ける政策を並べています。

その結果、社会保障をはじめ、世代間の格差は広がってしまう。

これでいいのだろうか?

それを改めるには、若者パワーを結集するしかない、

投票年齢を引き下げて頭数を増やせばよい、

世界では18歳が一般的だそうで、EU議会は16歳を提案しているそう。

これでも、まだまだ数が足りない、

そこで、思い切ってゼロ歳まで下げる、

15歳以下は、親が代理で投票する、

子どもを持つ親は子供の将来を考えて投票するので、結果、若者に優位な政策が選択されること

になる というものです。

日本は、ものすごい勢いで高齢者が増えているのに、医療制度改革などは先送り状態です。

20年後、現在60歳の人は80歳、ゼロ歳の子は、20歳になります。そのときに若者の活力をそぐ

ような社会だと、高齢者が支えてもらえなくなってしまいます。

0歳児にも投票権を与えるというのは、あながち悪い選択肢ではないと思ってしまいます・・・

 


カテゴリー: ブログ, 社会・経済 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ