子どもの自転車事故 母に賠償命令

 

2008年9月 当時小学5年生の子どもが、歩道のない下り坂で正面から歩いてきた女性と衝突。

女性は頭などを強く打ち、事故から5年経った現在も寝たきりの生活が続いているといいます。

女性の夫と、保険金を支払った損保会社が、少年の母親に、計約1億590万円の損害賠償を求

めていました。

7月4日、神戸地裁で判決があり、少年の前方不注意が事故の原因と認定。自転車の速度が20

~30キロと速かったことなどから、「母親の指導は奏功しておらず、監督義務を果たしていなかっ

た」と指摘しました。そのうえで、後見人である女性の夫に、約3520万円、保険会社に約6000万

円をそれぞれ払うよう命じました。合計で9520万円。

自転車の事故が原因での死亡事故や重い後遺障害が残る事件も起こっています。

自転車には、自動車保険の自賠責保険のような強制的に加入させられる保険はありません。

そのため、加害者になった場合には、今回のケースのように高額な賠償金を請求される可能性も

あります。保険加入は任意ですが、必ず加入しておくようにしましょう。

また、お子さんがいらっしゃる場合は、自転車事故の怖さについても、しっかり伝えておきましょう。

うちも、子どもに新聞記事見せて「気をつけなさいよ!」と言いました。

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 雑記 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ