自転車事故の保険

2カ月に1度、「情報発信」を大切なお客様に郵送でのみお送りしております。

19号では、自転車事故を取り上げたのですが、とても役に立ったというご感想をたくさんいただきました。子どもが事故に巻き込まれたときを想定して書いたのですが、会社を経営されている方から、自転車通勤している従業員に保険加入を確認させますというメールや、孫にも読ませました、いつも役立つ情報ありがとうございますというお手紙も。その他、子どもを持つお母さん方からも、数名いただきました。こういうご感想をいただくと、とてもうれしく、次回もがんばろうという気にまりますね。一部、転載させていただきます。少し読みにくいですが、ご容赦願います。

自転車事故・高額賠償金判決の記事はこちら

自転車事故の保険

自転車事故に備えるには、自分がけがをしたときに備える「傷害保険」と、他人にけがをさせたり、物を壊したときに備える「個人賠償責任保険」の2つがあります。既に傷害保険に加入されている方は、個人賠償責任保険の加入状況を確認しておきましょう。

 ①個人賠償責任保険

 火災保険、傷害保険、自動車保険などの特約として加入します。ほとんどの場合、一家の一人が加入すれば家族全員が補償されます。費用は、年間1000円程度の掛け金で1億円の補償がつくものが多いです。お勧めなのが、自動車保険の「個人賠償責任特約」です。他のものは、示談交渉がついていないのが一般的ですが、自動車保険の場合は、示談交渉がついているものがほとんどだからです。(ご加入の際は確認してください)

②スーパー傷害保険Lite(チューリッヒ保険)

「交通事故等傷害保険」と「個人賠償責任保険」がセットになっています。 自転車事故以外の交通事故なども含みます。本人プラン、1か月約1200円程度で、入院日額3000円、手術給付金あり、死亡・後遺障害保険金1000万円、オプションで個人賠償責任5000万円まで補償されます。示談交渉サービスつきです。 

③ちゃりぽ(ジャパン少額短期保険) 

「自転車搭乗中傷害保険」と「個人賠償責任保険」がセットになっています。月額260円の掛け金で、入院日額6000円、死亡・特定後遺障害300万円まで、個人賠償責任1000万円まで補償されます。示談交渉サービスはついていません。 

④自転車向け保険(三井住友海上、セブンイレブン)

「自転車搭乗中傷害保険」と「個人賠償責任保険」がセットになっています。おひとり様プラン年額4760円で、入院日額6000円、手術給付金あり、死亡・特定重度障害400万円、個人賠償責任1億円、示談交渉つきです。

TSTraffic Safety)マーク付帯保険

自転車安全整備士によって点検整備された自転車に付帯されます。「自転車搭乗中傷害保険」と「個人賠償責任保険」がセットになっています。整備費は、青マークで1500円、赤マークで2000円程度。(店舗により異なります) 個人賠償責任の限度額は、それぞれ1000万円、2000万円です。整備の日から1年間有効。示談交渉サービスはついていません。

au損害保険 

「自転車搭乗中傷害保険」と「個人賠償責任保険」がセットになっています。月々100円の掛け金で、死亡・後遺障害450万円、個人賠償責任1000万円まで補償してくれます。示談交渉つきのワイドプランもあります。 

⑦自動車保険の人身傷害保険(特約)

人身傷害保険は、車に搭乗している人のけがを補償する保険ですが、家族が歩行中に事故に遭った場合や自転車事故に遭った場合の損害も対象になります。(ただし、契約条件は保険会社によってまちまちです)相手との示談が成立していなくても、損害額が先に支払われます。余裕があれば入っておきたい保険です。保険に入るときは、補償内容をよく確かめてから加入するようにしましょう。


カテゴリー: ブログ, 社会・経済 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ