負担付遺贈 ー 夫が妻のお世話を他人にお願いしたい

 

最近、遺言を書かれる方が増えています。

遺言でだれかに遺産をあげることを遺贈といいます。

遺言書では、相続人に遺産をあげるときは「相続させる」という文言を使い、

相続人以外に遺産をげるときは「遺贈」という文言を使います。

(これは手続き上のメリットがあるからです)

負担付遺贈というのは、遺産はあげるけど、そのかわり一定の負担はしてねというものです。

子どものいない老夫婦(他に相続人なし)を例にみていきましょう。

病弱な妻の面倒は、近くに住む介護士のAさんがみてくれています。

夫のBさんは、自分が先に死んだら、妻Cさんの面倒をAさんにみてもらいたいと思っています。

ただ、無報酬で面倒をみてもらうことはできません。

そこで、Bさんの遺産の中から、○○円をAさんにあげる代わりに、妻Cさんのお世話をお願いしようと

考えました。

Bさんの思う通りの遺言を書くことは可能です。ただ、注意することがあります。

Bさんの遺言で、その内容を書いても、Aさんはそれを拒否(放棄)することもできるということです。

Aさんが遺産をもらってもCさんのお世話をするのが嫌だと思えば「嫌です」といえるのです。

こうならないために、Bさんは予め、Cさんの同意を得ておくことが必要でしょう。

(法律的に同意が求められているということはありません)

Aさんが、Cさんの面倒をみることを承認したけど、Cさんの面倒をみない場合はどうなるでしょうか?

この場合、相続人または遺言執行者がCさんに、相当な期間を定めて「お世話してちょうだいよ」と催

告し、それでもお世話してくれない場合は、家庭裁判所に「遺言取消し」の請求をすることができま

す。Bさんの相続人は、Cさん以外にいないので、この場合は、Cさんあるいは遺言執行者が家庭裁

判所に申し立てることになります。病弱なCさんが法律的な手続きを行うことは無理がありますので、

遺言執行者(遺言を実現してくれる人)を指定しておかれたらよいと思います。

遺言執行者は、未成年、破産者以外はだれでもなれますが、法律的な手続きがあることを考えると

専門家を指定しておかれたほうが安心でしょう。

遺言の取消しが認められれば、Aさんがもらうはずだった遺産はCさんのものになります。

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 遺言 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ