ワーキングケアラー

 

ワーキングケアラーという言葉をご存知ですか?

私も最近知ったのですが、働きながら家族らを介護する人たちのことをいうそうです。

その数、291万人。

介護のためにヘルパーなどを利用する場合でも、経済的に限界がある場合がほとんどだと思いま

す。それを埋めるために家族が介護を担うわけですが、今の社会では介護のために仕事を休むとな

ると、制度上可能であっても、なかなか回りの理解を得るのは難しいという現実があります。

悩んだ末仕事を辞める人も多く、国の調査によると、2011年10月からの1年間に仕事を辞めた人は

10万1000人にもなるそうです。

仕事を辞め、貯金を取り崩して介護生活を送る人もいます。

介護と貧困が隣り合わせの現実。

社会保障改革で、政府は介護の必要性の低い要支援者向けのサービスを、介護保険制度から切り

離し、2015年から段階的に市町村が独自にサービスを提供するという改革案を示しています。

サービスの提供は、NPOやボランティアの活用を提唱しています。こうなると、サービスの質の低下は

避けられないのかなと思います。

今日、70代の方とお会いしましたが、知らない人に面倒をみてもらうのはしんどいと言っておられま

した。介護されるほうは、やはり家族が頼りになるようです。

自分が介護をしないといけなくなったら? 介護の在り方をしみじみ考えさせられますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 社会・経済 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ