消費税増税による家計への負担

 

消費税が8%になることが決定しましたね。

厚生労働省の調査では、8月の基本給など「所定内給与」は、前年同月比0.4%減の24万1131

円で、15か月連続のマイナスです。給与は減り続けているのです。

消費税が8%になると、どの程度家計に影響があるのか気になりますね。

以下は、大和総研是枝俊吾研究員の試算です。

(消費税1%引き上げで物価が年0.72%上昇すると予測。世帯年収変わらず。負担増には復興増税や厚生年金保険料の引き上げなどを含む)

世帯年収

8%

10%

片働き4人世帯

(夫会社員

妻専業主婦

子ども2人小学生)

300万円

4万8000円

10万7000円

500万円

7万5000円

16万8000円

800万円

10万9000円

24万6000円

片働き4人世帯

(夫会社員

妻パート

子ども2人小学生)

400万円

6万4000円

14万2000円

600万円

9万1000円

20万4000円

900万円

12万6000円

28万2000円

共働き4人世帯

  (夫会社員

  妻会社員

子ども2人小学生)

800万円

11万6000円

26万円

1000万円

14万2000円

32万円

1300万円

17万7000円

39万7000円

単身世帯

300万円

4万3000円

9万7000円

500万円

7万

15万7000円

800万円

10万5000円

23万5000円

年金夫婦世帯

(夫、妻とも

75歳以上)

240万円

7万1000円

7万4000円

360万円

10万円

15万9000円

かなりの負担増になりますね。

そもそも消費税増税は、年金や医療などの社会保障に充てるためにということでしたが、

ふたを開けてみると、いつのまにか、8兆円のうち5兆円は景気対策に使われるという。

軽減税率(食糧品など生活必需品には税金を少なくする)も10%のときにやっと考えるようです。

何とも納得がいきません・・・

 

 


カテゴリー: ブログ, 社会・経済 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ