Smiling Ending Note® の書き方

 

Smiling Ending Note® をご購入された方から、ご感想をいただきました。

「たくさん書くところがあって、どこから手をつけたらいいのかわからなかったけど、

エンディングノートを書くための準備の用紙が同封されていて、とても気持ちが楽になりました。

今は、少しづつ、書けるところから書いていっています。」

ダウンロードされた方が、冊子版を希望されてご購入くださいました。

先日、読売新聞に下記の内容が書かれていました。天皇陛下と皇后さまのお墓のことです。

「宮内庁は14日、今後の天皇、皇后の葬法の概略と、天皇、皇后両陛下の「お気持ち」を発表した。

 江戸時代初期から続いてきた土葬を改めて400年ぶりに火葬とし、陵(天皇、皇后のお墓)は規模

を縮小して天皇陵、皇后陵が寄り添うように一体的に整備する。伝統を踏まえたうえで、国民生活に

できるだけ影響がないようにとの両陛下の意向をもとに、同庁が昨年4月から検討していた。

 同庁は、葬儀の場所や詳細などは今後の検討とし、今回の検討内容を内閣に伝えた。国事行為

である大喪の礼の内容は、内閣が判断することになる。今回の検討は基本的に両陛下が対象だが、

宮内庁は「将来にわたって基準となり得る」としており、皇太子さま、秋篠宮さまも合意されているとい

う。」

自分の将来をどのようにしたいのかを考えるのは、やはり必要なことではないでしょうか。

Smiling Ending Note®は、コンパクトに必要最小限のことを書ける14Pのものと、解説を読みながら

じっくり考えながら書ける64Pのものをご用意しております。

冊子版がほしい方には、ご用意しておりますので、お問い合わせください。

 

 

 


カテゴリー: Smiling Ending Note タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ