離婚届けは、公正証書の前に出すのか、後に出すのか?

 

離婚公正証書の作成を依頼された方から、

「離婚届」は、公正証書作成の前に出したほうがいいのでしょうか?後に出したほうがよいのでしょう

か?という質問をよく受けます。

通常は、離婚公正証書を作成した後に「離婚届」を出されることをお勧めしています。

「離婚届」を出してからだと、条件面で相手の同意を得ることが難しくなるからです。

とにかく妻と別れたがっている夫などは、離婚さえできれば後のことは、知らぬ存ぜずで、

離婚後に、いくら妻から条件を出したとしても、それに応ずる必要はなくなるからです。

調停という手もありますが、とにかく時間がかかります。

夫に対して、離婚するためには「最低限、この条件はのんでもらう」というふうにして話し合わなけ

れば、いつまでたっても拉致があきません。

ほとんどといってもいいくらいよくあるケースですが、

当初は、こちらにとってよい条件に曖昧な返事をしていた夫も、書面作成になると、急に厳しい条

件をつきつけてきます。離婚協議書作成は、どたんばでやたら時間がかかってしまうことも多いで

す。

離婚協議書作成→公正証書作成へと進みますが、この際にも、できるだけ時間をおかずに

公証役場へ予約を入れることをお勧めしています。時間を置くと、その間にも相手の気が変わって

しまう可能性が高くなるからです。

公証役場へは、二人で出向く場合と、行政書士が代理作成を行う場合があります。

お一人だけの代理作成もできますし、どちらも都合が悪い場合は、お二人とも代理作成が可能で

す。状況に合わせて、ご利用されたらよいと思います。

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 離婚公正証書 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ