離婚届

 

協議離婚は、離婚届を市区町村役場に出し、受理された時点で離婚は成立します。

このときに、証人2名の署名・押印が必要です。親や、友人、知人など20歳以上であればだれで

もかまいません。

夫、妻の印鑑は、別々のものを使用します。証人が同一の姓の場合も、印鑑は別々のものを使用

します。印鑑は実印である必要はありませんが、シャチハタは使用できませんので、気をつけてく

ださい。

離婚届は、夫婦の本籍地か住所地の市区町村役場の戸籍係に提出します。届け出は、郵送でも

かまいません。夫婦の一方が出してもよいですし、第三者に依頼することもできます。

本籍地以外に提出するときは、戸籍謄本が必要になります。

 

●子どもの親権

離婚届には、子どもの親権者を記入する欄があり、親権者を決めなければ受理されないことにな

っています。

また、離婚届の最後に、未成年の子どもがいる場合には、面会交流(一方の親と会うことなど)につ

いて、取り決めをしているか否か、養育費の分担についての取り決めをしているか否かをチェック

する欄がありますが、こちらのほうは、取り決めをしていないからといって、離婚が認められないとい

うことはありません。

3__

 

離婚をしてから、養育費などについて決めようと思っても、相手が話し合いにも応じないこともあり

ます。養育費などのお金のことについては、必ず離婚前に書面にしておくようにしてください。

●離婚後の姓

「婚姻前の氏に戻る者の本籍」を記入する欄があります。

婚姻前の姓の名乗る場合、実家の戸籍に入るか、自分を筆頭者として新しく戸籍を作るかを選択

します。子どもを自分の戸籍に入れたい場合は、親子三代は一緒の戸籍に入れませんので、自

分を筆頭者として新しく戸籍を作ることになります。

婚姻前の姓を名乗らず、離婚後も婚姻中の姓を名乗る場合でも、新しい戸籍を作る必要がありま

す。この場合、離婚届と同時か、離婚成立の日から3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称す

る届」を戸籍係に提出しなければなりません。

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 協議離婚, 戸籍, 離婚問題 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ