身寄りのないいとこが死亡、相続人はだれ?

 

妻子もなく、親も既に他界しているいとこが亡くなったのですが、この場合、私は相続人になります

か?という質問がありました。独身男性、独身女性が増えていることを考えれば、こういうケースも今

後増えてくるかもしれませんね。

以下は、ある人が亡くなると、その法定相続人になる人たちです。

妻は常に相続人です。

第1順位  → 直系卑属 — 子ども、子ども死亡の場合は孫

          直系卑属がいない場合

                ↓

第2順位  → 直系尊属 — 父母、父母が両方亡くなっている場合は祖父母

          父母(父母が両方亡くなっている場合は、祖父母)がいない場合

                ↓

第3順位 → 兄弟姉妹  兄弟姉妹が死亡の場合は甥・、姪

 

この中にいとこは含まれていませんので、身寄りのないいとこが亡くなっても、相談者が相続人にな

ることはありません。とはいえ、身寄りがないということで、相談者がお葬式費用を出してあげている

場合、その費用はどうすればよいのでしょうか?

この場合、家庭裁判所に、「相続財産管理人」選任の申立てを行います。相続財産管理人に資格

はありません。申立ての用紙に候補者を記入する欄がありますので、管理人としての仕事をしっかり

こなしてくれる人が回りにいるようなら、その欄にその人の名前を書けばよいでしょう。ただし、その候

補者が必ず、相続財産管理人に選任されるとはか限りません。裁判所が弁護士などを選任すること

もあります。相続財産管理人が選任されたら、その管理人に葬儀費用を請求できます。

また、相談者が常日頃から、そのいとこの身の回りの世話をしたり、療養看護につとめていたというこ

とであれば、特別縁故者として、家庭裁判所に相続財産の分与を請求することができます。申立て

は、特別縁故者本人になります。家庭裁判所に認められれば相続財産の全部または一部が分与さ

れます。

家庭裁判所家事審判申立て一覧

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 相続 タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ