「贈与契約書」に関する質問

 

2015年度から相続税の基礎控除が引き上げられ、相続税をおさめる人が4%から6%くらいになる

といわれています。相続税を減らすには、税金をかけられる金額を減らせばよいのですが、そのため

に、生前贈与を行う人がふえています。

すずき行政書士事務所のブログに、贈与契約書のひな形を掲載しているのですが、アクセス数がと

ても多いです。また、贈与契約に関する質問もいただきます。

質問1. 住所・氏名は手書きですか?

答え  はい、手書きでかいてください。

質問2. 印鑑は実印でなければいけないのですか?

答え  実印でなくても法的効果は変わりませんが、実印を用意できるのであれば実印が望ましい

     す。

質問3. 住所・氏名以外のところは、パソコンでもいいのですか?

答え  はい、けっこうです。

質問4. 数字は、アラビア数字でもOKですか?

答え  はい、OKです。

質問5.  確定日付について教えてください。

答え  確定日付は、公証役場で日付が書かれたゴム印を押してもらいます。

     これは、その日付のときに契約書が存在していたことを示すものです。

     例えば、2013.12.15に贈与契約書を作っても、一年前の日付を入れることはいくらでもで

     きます。

     確定日付は「そんな悪いことはしていないよ」ということを証明してくれるのです。

     お近くの公証役場に行き、手数料700円を支払えば押してもらえます。

     贈与契約書を作成し終わってから持参します。

 

贈与契約書のひな形は掲載していますが、いざ作成するとなると「これでいいのかな?」と思われる

方も多いと思います。株式や不動産の場合はどうなんだろうと思われていませんか?

ちょっと聞いてみたいなと思われた方は、お気軽にお電話してください。

 

 

 

 

 


カテゴリー: ブログ, 契約書 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ