遺言が必要 - 子どもがいない夫婦

次のような条件で、遺言がある場合、ない場合は比較してみました。

夫が亡くなりました。夫の両親は既に他界し、兄2人がいます。

相続財産は、自宅だけです。

遺言がなかった場合 

法定相続分に従って、遺産を分割することになります。

相続人は、妻とご主人の兄2人になります。

その場合、妻の法定相続分は、4分の3、兄2人の相続分は、8分の1ずつになります。

兄2人に財産分けを要求された場合、最終的にはその家を売って、お金を妻と兄2人で

分けなければならなくなることもあるのです。

遺言があった場合

「全財産は妻に相続させる」という内容が書いてあると、妻は安心して、その家に住

み続けることができます。


カテゴリー: ブログ, 遺言が必要な場合 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ