樹木葬

 

8月に入り、お盆ももうすぐ。お墓参りのことを考えながら、自分のお墓をどうしようと考える方もいら

っしゃると思います。最近は、お墓に対する考え方も多様化していて、従来のお墓とは異なるもの

を選択される方も増えています。今回は、年々、需要が増えている樹木葬についてみていきましょ

う。

ILM02_AA01005

従来からの墓石の代わりに、木や花を墓標にして遺骨を埋めるものを樹木葬といいます。

お墓は、代々親から子へ受け継がれていくものですが、樹木葬はその承継を前提としていませ

ん。

子どもに負担をかけたくないと思う人

お墓を継いでくれる人がいない人

自然に帰りたいと思う人 などで需要が高まっています。

費用は、墓石のお墓の場合は、150万円~200万円程度は覚悟する必要がありますが、樹木葬

は、おおむね10万円~60万円程度ですむ場合が多いようです。

「樹木葬」で検索するとたくさん出てきますよ。以下、一例です。

最初の樹木葬 岩手県一関市

桜葬  認定NPOエンディングセンター 東京町田市  大阪高槻市

ばらの樹木葬

観光名所の京都の東福寺・即宗院 なども樹木葬を設けています。

 樹木葬は、使用期間(20年や33年など)を設けており、その期間が過ぎると、合祀(他の遺骨と一

緒にされる)されるので、従来のお墓とは異なり、遺骨の所在がはっきりしなくなります。自分はよく

ても、家族がいる場合などは、家族が納得しない場合もありますので、樹木葬を選択する場合は、

予めよく話し合っておくことをお勧めします。その他、運営者がしっかりしているかなども契約の際

にはチェックする必要があるでしょう。

先祖が一緒に入るお墓ではなく、夫婦だけのお墓や、血縁関係はないけど、気の合う人同士が

一緒のお墓に入る墓友(はかとも)という考え方もあります。

選択肢が広がった分、迷うことも多いですね。

 


カテゴリー: ブログ, 終活 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ