一心寺 ~納骨を考える~

 

遺言書を書かれた方が、お子さんに自分のお骨を、「一心寺」に納骨してほしいという希望を持た

れていました。そのお寺についておたずねしたところ、パンフレットを見せてくれて、いろいろ説明

してくださいました。一心寺は、宗派を問わず納骨を受け入れていて、その納骨されたお骨で、10

年に一度仏像を造られるそうです。骨佛と言われています。納骨の費用は、数万円ととてもリーズ

ナブル。場所は、大阪、天王寺という都会のど真ん中。広くてきれいで、お弁当持っていきたくな

るくらいといわれていました。この方は、ご主人の田舎にお墓はあるということ。親戚も入っている

けど、いずれ途絶えるのがわかっている。主人の田舎のお墓に入るより、自分の両親も入っている

一心寺に納骨してほしいいという思いから、遺言にそのことを書かれたそうです。昔からあるお寺

も、今は檀家も減って、お布施も昔のように入らなくなっているため、経済的に苦しくなっていると

ころが多く、なかにはやむなく不動産屋に売却してしまうところもあるようです。「継いでくれる人が

いない」「子どもは転勤族でどこにいくかわからない」「高額な費用をかける必要があるのだろうか」

このような思いから、従来のお墓に対する意識が変化していってるようです。価値の多様化がいろ

いろな分野で起こっていますが、お墓に対する価値も、どんどん多様化していくのでしょうね。


カテゴリー: ブログ, 終活 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ