言葉だけのセクハラに対する最高裁判決

 

身体に触れるなどの性的行為がない言葉のセクハラに対して、最高裁は厳しい判断を下しまし

た。また、女性が抵抗しなかったから許されていると思っていたという男性側の言い訳に対して、

被害者女性は、職場の人間関係等を懸念して被害にあったことを言い出しにくい状況があること

を認めました。今後のセクハラ裁判に大きな影響を与えていくものと思います。詳しくはこちら


カテゴリー: ブログ タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ