遺言が必要 - 難病や障害をもっている相続人がいる

難病や障害のある子どもがいる場合、自分の死後、だれが面倒をみてくれるのか、

お金はどうするのかなど、切実な問題がたくさんあります。

死んでも死にきれないというのが、親の本音ではないでしょうか。

それらを、遺言書で指定しておけば、自分の死後、子どもたちが困ることを防ぐことができます。


カテゴリー: ブログ, 遺言が必要な場合 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ