遺言 会話式Q&A  ④子どもはいません。遺言書は必要ですか?

和夫さん 「私たち夫婦には、子どもがいません。財産は、自宅不動産のみで、毎月の生活は、年金収入で何とかやりくりしています。こんな状態でも、遺言書が必要ですか?」

          nenkin_techou_orange house_2f

すずきさん 「必ず必要ですよ。和夫さんが遺言書を残さずに亡くなった場合を考えてみましょう。和夫さんのご両親は、すでに他界されていて、妹さんがいらっしゃるのですね。そうすると、相続人は、奥様と妹さんになります。遺言書がないと、奥様と妹さんで、遺産をどう分けるのかを話し合うことになります。妹さんが、奥様に不動産を譲ってくれると問題ありませんが、そうでない場合、妹さんには、遺産の4分の1を取得する権利がありますので、最悪、不動産を売却して、その売却益から現金を妹さんに支払わなければなりません。」

和夫さん 「家内は、この家で最後までいたいと言っています。私も、その願いだけはかなえてあげたいと思っています。」

すずきさん 「その願いは、和夫さんが“妻に全財産を相続させる”という遺言書を作ることで実現できますよ。」

和夫さん 「そうなんですか、安心しました。」

すずきさん 「遺言書があっても、相続人が最低限相続できる遺留分がありますが、それが認められるのは、妻、子(死亡の場合は孫)、父母(死亡の場合は祖父母)だけなんです。兄弟姉妹には認められていませんので、妹さんにはその権利がありません。和夫さんが“妻に全財産を相続させる”という遺言書を書いておくと、家やその他の財産も全て奥様のものになりますよ。だから、遺言書は必ず書いておいてくださいね。」

和夫さん 「わかりました。」

「妻の両親は既に亡くなっていますが、姉が一人います。妻の預貯金は400万円程度ありますが、病気などに備えて、一切手をつけていません。妻も遺言書が必要でしょうか?

すずきさん 「奥様が遺言書を書かずに亡くなった場合をみてみましょう。預貯金の400万円を、和夫さんとお姉さんで、どう分けるかを話し合わなければなりません。法定相続分通りに分けると、和夫さん300万円、お姉さんが100万円を取得します。また、万一、お姉さんが亡くなっており、お子さんがいらっしゃる場合、甥や姪が相続人になります。和夫さんは、その甥や姪と遺産分割の話し合いをしなければならなくなります。

         

和夫さん 「それはしんどいですね。お金も病気に備えておいておきたいですし、ほとんど会ったこともない甥や姪とそんな話はしたくないですね。」

すずきさん 「そんなことにならないように、奥様も遺言書を書かれるとよいですよ。」

和夫さん 「なるほど。よくわかりました。今度、家内と二人でご相談に伺います。」

すずきさん 「お待ちしております。」

 

POINT 子どもがいない夫婦は、夫、妻とも遺言書を書くべし!!


カテゴリー: 新着情報 タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ