相続手続き 「健康保険証」は市町村役場または会社に返却

長らくお世話になった健康保険証は、返却する必要があります。

〇国民健康保険加入者(75歳以上の後期高齢者を含む) 死亡後14日以内に手続き

市町村役場に健康保険証を返却、その際、「国民健康保険被保険者資格喪失届」を書くことになります。

国民健康保険は世帯単位で加入しているため、故人の扶養に入っていた家族全員も、扶養者が死亡した翌日からその保険証を使えなくなります。故人の保険証を返却の際に、家族の保険証も返却し、世帯主を変更後、新たに保険証を発行してもらうことになります。

 

〇会社の健康保険に加入

会社員が亡くなった場合、会社に健康保険証を返却します。故人に扶養されていた家族がいる場合、家族の健康保険証も一緒に返却します。

会社は、「健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届」を死亡後5日以内に年金事務所に提出しなければなりません。

扶養されていた家族の健康保険証は死亡の翌日から使用できなくなります。葬儀後は、できるだけ早く市町村役場で国民健康保険に加入する手続きを行いましょう。国民健康保険は、自動的に加入できるものではありませんのでご注意ください。

 


カテゴリー: 相続 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ