相続手続き 高額療養費の払戻し(入院などで高額な医療費がかかった場合)

高額療養費とは、国民健康保険(75歳以上の後期高齢者含む)、健康保険の加入者が病院や薬局の窓口で支払った1ヵ月の医療費が高額になった場合、一定の金額を超えた部分が払い戻されるものです。70歳以上の場合、一般所得者で月額57,600円が限度額となり、この金額以上に支払った場合は、払戻しの対象となります。ただし、入院中の食事、差額ベッド代などは対象外となります。

 

 

〇国民健康保険(75歳以上の後期高齢者含む)加入者

市区町村役場で手続きを行います。保険証を返却する際に、担当者から入院の有無を質問されることが多いです。特に手続きをしなくても、返金がある場合は、国民健康保険から申請用紙が届きますが、漏れがあると困るので、確認しておかれるのがよいでしょう。返金額が決定するまでに、2ヶ月程度要します。

必要書類 → 保険証、医療機関の領収書、認印、預金通帳、故人との間柄がわかる戸籍謄本など

事前に市町村役場に電話で問い合わせるのがよいでしょう。

 

〇健康保険組合、協会けんぽ加入者

会社の健康保険組合、協会けんぽで手続きを行います。

必要書類は上記を参照してください。

 

〇払い戻された金額は相続財産になる

高額療養費は、本来は本人が請求し払戻しを受けるものですが、本人が死亡している場合は、相続人が請求し払戻しを受けることになります。あくまでも本人の代わりに受け取るものなので、本人の財産=相続財産という扱いになります。

相続税がかかる場合、払い戻された金額も相続財産として申告することになりますので、ご注意ください。

 


カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ