特定割合の遺言がある場合の遺産分割協議

遺言がある場合、遺言が優先しますので、遺産分割協議は必要ありません。

遺言は、被相続人の最後の意思表示です。

私有財産制の日本では、自己の財産の処分は、自分の意思で決められるのです。

遺言があれば、その中に指定されている通り、実行すれば済むことです。

では、遺言に 「長男には2分の1  二男と三男には4分の1ずつ わけること 」と書いてあった場合は

どうでしょうか?

相続する割合しか書かれていない・・・

現金、預貯金は分けることは可能です。

不動産は権利関係がややこしくなるので、共有はできるだけ避けたいです。

このようなときは、やはり遺産分割協議が必要になります。

長男が不動産を相続するかわりに、二男、三男には預貯金を相続させるなどの

話し合いが必要になります。

遺言を書くときは、割合を指定するのではなく、できるだけ特定物を相続させるようにしましょう。


カテゴリー: ブログ, 遺産分割 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ