相続手続き 忘れがちなネット銀行

前回の記事では、店舗を持つ金融機関の手続きについて書きました。通帳があるのでわかりやすいですね。それに比べて、店舗を持たないネット専用銀行(ソニー銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBI銀行、イオン銀行など)は、いわば、パソコン、スマホの中だけの取り引きになり、その存在自体に気づかないケースも出てきます。

故人の死亡後は、パソコン、スマホの中身を確認するようにしてください。利用の履歴が見つかるかもしれません。もちろん、暗証番号がわからなければ、パソコンもスマホも開けませんので、現実にはできないケースもあると思いますが・・・

この記事をご覧になられた方は、自分が死亡した際に、遺族がパソコン、スマホの中身を確認できるように、暗証番号はエンディングノートなどに記載しておくようにしてください。一方、銀行の暗証番号は書いてはいけません。金融機関の相続手続きは、暗証番号がなくてもできますので問題ありません。

ネット専用銀行の相続手続きは、どこに連絡したらよいのだろうと悩んでしまうかもしれませんね。店舗があれば、その店舗に連絡すればよいですが、店舗がないとなると連絡先はどうすればいいのだろうと・・・

その場合は、例えば、「ソニー銀行、相続手続き」と検索すると、フリーダイヤルを記載したページが出てくるので、そこにまずは連絡してください。必要書類などは、店舗のある金融機関とほぼ同じもののことが多いようです。

例)

ソニー銀行

楽天銀行カスタマーセンター

 

必要書類(各金融機関に確認してください)

・各金融機関の「相続手続き依頼書」(呼び方が異なることもある)

・故人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等(本籍地のある市町村役場で取得)

・その他、故人と相続人との関係を明らかにする戸籍謄本

・相続人全員の印鑑証明書

・キャッシュカードなど。


カテゴリー: 相続 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ