遺言に反した遺産分割

遺言書には、「長男に2分の1  あとの2分の1を姉妹3人でわけなさい」 と書いてありました。

長男が、3人姉妹に遠慮して、「法定相続分通り 4分の1ずつ分けよう」 と言った場合、

遺言に反して、4分の1ずつ分けることは可能でしょうか?

遺言は、故人の最後の意思なので、難しい問題ですが、

相続人間で合意できた場合、そのような分け方も可能だとされています。


カテゴリー: 遺産分割 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ