相続手続き 不動産の名義変更

不動産の名義変更を専門家に依頼する場合、司法書士に依頼します。

費用はかかりますが、依頼主の労力は最小限で済みます。

費用がもったいないので自分でやりたいという方は、相続した土地を管轄する法務局で相談にのってくれます。最近は予約制のところが多いので、問い合わせてから行ってください。必要書類や申請書の書き方は教えてくれますが、その書式に沿って自分で作成することになるので、一度の相談で手続きが完了することはなく、2~3回(場合によってはそれ以上)通う人が多いです。

こちらのサイトから申請書式をダウンロードし作成することもできますが、ちょっと難しいかもしれません。

遺言書がない場合の必要書類例

・登記申請書(法務局で入手)

・故人の出生から死亡までの連続した戸籍等

・故人の住民票の除票または戸籍の附票

・相続人全員の印鑑証明書

・不動産を相続する人の本籍地入り住民票

・固定資産税評価証明書

・登記事項証明書

・相続関係図

・遺産分割協議書など

※相続するケースによって必要書類が異なります。必ず該当の法務局にお問い合わせください。

登記に際しては、登録免許税(国税)がかかります。

 


カテゴリー: 新着情報 パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ