相続財産の範囲 — 祭祀財産

祭祀財産は、相続財産として扱われず、遺産分割の対象になりません。

具体的な祭祀財産としては、家系図、位牌、仏壇、お墓などです。

民法 第897条 には、「系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って

祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。」と書かれています。

祭祀主催者=相続人ではないのです。

祭祀主催者は、亡くなった方が指定した人がいればその人がなります。

遺言でも、口頭でもかまいません。

亡くなった方が、指定しなかった場合は、慣習によって決められ、

それでも決まらない場合は、家庭裁判所が審判することになります。


カテゴリー: 相続財産の範囲 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ