相続税の取得財産価格の割合

平成19年中に、被相続人(亡くなった方)から相続人が取得した財産の内訳は、

不動産が53%を占めています。(国税庁統計情報より)

現金、預貯金等が20.5%  株式などの有価証券が15.8% です。

相続が発生した場合、現金、預金については、分割しやすいので問題に

なることはあまりありません。

不動産しか財産がない場合で、相続人が複数いる場合は、

早めの相続対策が必要になります。

非課税枠がある生命保険の活用なども検討に値します。

受取人を指定しておけば、遺言と同じ効果が見込めます。

ただし、平成23年度の相続税改正では、

生命保険金の受取額から、現在 500万円×法定相続人 が控除可能なのですが、

その恩恵を受けられる人を絞込み、未成年者、障害者、生計一の相続人に

限定する案が出ています。

今後、注意してみていきましょう。


カテゴリー: 相続 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。

このページのトップへ