ブログ」カテゴリーアーカイブ

遺言 会話式Q&A ③財産は不動産とわずかな預金、不動産は息子にあげたいけど

恵美さん  「うちの財産といえば、今住んでいる家と三百万円くらいのお金なの。夫は数年前に他界して、今は独身の息子と一緒に住んでいるの。娘は嫁いでいるけど、子どもの教育費なんかで、いろいろ大変みたいなの。この家は、息子にあげたいと思ってるんだけど、どうすればいいかしら?」

house_2f money_satsutaba

すずきさん 「息子さんに自宅を相続させるという遺言書を書いておくのがいいですね。遺言書がないと、息子さんと娘さんで、だれがどの財産を継ぐのかを話し合わなければならなくなります。法定相続分は、兄妹だと、それぞれ2分の1。不動産の価格が1,500万円、預貯金が300万円として、合計で1,800万円。それぞれ900万円ずつ相続することになります。娘さんが300万円の預貯金を相続するとしても、残りの600万円は、息子さんが娘さんに支払わないといけません。」

恵美さん  「息子が600万円を支払うのはしんどいわね。」

すずきさん 「遺言書に、「自宅不動産は息子に相続させる。娘には、預貯金300万円を相続させる」って書いた場合を、みてみましょう。

息子 → 自宅不動産1,500万円  娘 → 預貯金300万円

問題になるのは、遺留分です。遺留分は、相続人が最低限相続できる割合ですが、この場合だと、全遺産の4分の1が、娘さんの遺留分になります。金額にすると、450万円です。遺言書通りだと、娘さんは預貯金300万円しか相続しないけど、遺留分として、あと150万円は、息子さんに請求できることになります。」

恵美さん  「600万円よりも、かなり少なくなるわね。それ以上は無理かしら?」

すずきさん 「そうですね。あとは、例えば、娘さんに結婚の支度金として、お金を出しているのでしたら、それを理由に、遺留分の請求はしないでほしいと、遺言書の付言事項に書いておくのがいいですね。付言事項は、遺言書の一番最後に書くもので、法的な拘束力はありませんが、恵美さんのお気持ちは伝えることができます。娘さんもお母さんの気持ちを知ることで、遺留分は請求しないでおこうと思うかもしれませんよ。ただし、最悪、遺留分を請求される可能性があることはご理解くださいね。その場合、息子さんが、一括での支払いが難しければ、分割などで支払うほかないですね。」

恵美さん  「わかりました。主人を亡くしてから息子には、いろいろ面倒をみてもらっているの。それも書いておくようにするわ。」

kaigo_oya

すずきさん 「親孝行な息子さんですね。」

 

POINT 財産が不動産とわずかな預貯金。不動産を特定の相続人にあげたい場合は、遺言書を書いておく!!遺留分に注意。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 遺言 | タグ: , , ,

遺言 会話式Q&A ②子どもに知られずに遺言書を作成したいのですが。

 一郎さん 「私は、先祖から引き継いだ財産を含め、3億円以上の財産を持っています。ただ、子どもたちは、私の財産をあてにしていて、遺言書を書くと言うと、兄弟でひと悶着ありそうです。子どもたちに知られずに、遺言書を書くことはできますか?」

fotolia_85973811_subscription_monthly_m

 

すずきさん 「子どもたちが揉めるのはみたくないですからね。お気持ち、お察しいたします。なかには、遺言書を書いたことを、家族には絶対知らせたくないので、行政書士からの連絡はわからないようにしてほしいと言われる方もいらっしゃいますよ。遺言書を書いたことが原因で、あれこれ言われるのが嫌なんだそうです。」

一郎さん 「やはりそうですか。」

すずきさん 「次のような例もありました。自宅不動産や預貯金を長男に相続させるという遺言書を書かれた方がいらっしゃいました。その内容を聞いた長男は、それ以降、遺言者をぞんざいに扱い、怒った遺言者が後日、長男には内緒で、遺言書を書きかえられました。長男は、遺言書で財産をもらえることが確実になったので、遺言者を大事にしなくなったのでしょうね。」

ilm08_ab09006

一郎さん 「そんなこともあるんですね。参考になりました。」

すずきさん 「すみません、話がそれましたね。自筆で書く遺言を自筆証書遺言といいます。これだと、だれにも知られずに遺言書を書くことができますが、法律で決められた方式を満たさないと、無効になってしまう可能性があり、お勧めはしません。やはり、公正証書遺言がよいと思います。公正証書遺言は、公証役場に行って作ります。公証人という元裁判官や元検事が作るので、法律的な問題が起こることはほとんどありません。また、原本は、公証役場で保管されるので、偽造変造の恐れもありません。デメリットは、証人が二人必要だということです。そういう意味では、だれにも知られずに作成することはできないということになりますが、行政書士などの専門家や公証役場で用意してくれる証人ですと信頼できると思いますよ。」

一郎さん 「なるほど、そうですか。子どもたちに知られなければ、それもいいかもしれませんね。」

すずきさん 「そうですね。もう1つデメリットがあるのですが、公正証書を作成するには、費用がかかります。財産額と相続人の人数によって計算されます。」

公証役場・公正証書作成手数料

目的財産の価額

手数料の額

100万円まで

5,000円

200万円まで

7,000円

500万円まで

11,000円

1,000万円まで

17,000円

3,000万円まで

23,000円

5,000万円まで

29,000円

1億円まで

43,000円

1. 1億円を超える部分については
  1億円を超え3億円まで  5,000万円毎に 1万3,000円
  3億円を超え10億円まで 5,000万円毎に 1万1,000円
  10億円を超える部分   5,000万円毎に 8,000円 がそれぞれ加算されます。 

2. 上記の基準を前提に,具体的に手数料を算出するには,下記の点に留意が必要です。

財産の相続又は遺贈を受ける人ごとにその財産の価額を算出し,これを上記基準表に当てはめて,その価額に対応する手数料額を求め,これらの手数料額を合算して,当該遺言書全体の手数料を算出します。

②遺言加算といって,全体の財産が1億円未満のときは,上記①によって算出された手数料額に,1万1000円が加算されます。

一郎さん 「費用がかかるのは仕方ありませんね。元裁判官や元検事さんが作成してくれるのですから、安心できます。」

ilm14_aa01044

すずきさん 「おっしゃる通りです。大事な財産を安全確実にお子さんに引き継ぐコストですからね。」

一郎さん 「なんだかほっとしました。私の面倒をよくみてくれる子どもには、多くの財産をあげて、そうでない子は、※遺留分だけにしようと思います。」

すずきさん 「そうですか。子どもは親の思い通りにはいきませんね。」

※遺留分 相続人が最低限相続できる相続分。相続人が子どもだけの場合、通常もらえる相続分の半分が遺留分になる。兄弟二人が相続人の場合、遺留分は、遺産の4分の1になる。

一郎さん 「財産のことで、いろいろ相談にのってほしいことがあるのですが。」

すずきさん 「もちろん、承ります。公正証書遺言のご依頼の場合は、報酬をいただくことになりますが。」

一郎さん 「けっこうです。いろいろ相談に乗っていただきたいことがありますので、よろしくお願いします。」

すずきさん 「行政書士に公正証書遺言の作成をご依頼いただいた場合、公証役場との打ち合わせは、すべて私のほうで行います。作成日に、公証役場に一度行っていただくだけで大丈夫です。また、将来、遺言書の書き直しなどがあった場合にも、事情がわかっているので、スムーズに進むと思います。年齢とともに、自分で何かを行うのが億劫になってきますよね。行政書士が、手足となって動きますので、ご安心くださいね。」

一郎さん 「それは有難いです。財産をまとめて、あらためてこちらから、連絡させていただきます。」

すずきさん 「はい、お待ちしております。」

POINT 子どもに知られずに遺言書を書きたい場合、自筆証書遺言があるが、無効になる可能性もあり、お勧めはしない。公正証書遺言は、証人二人必要だが、子どもに知られずに遺言書を作成できる!!

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: ブログ, 公正証書遺言, 遺言 | タグ: , , , , ,

遺言 会話式Q&A ①遺言書はお金持ちが書くものじゃないの?

愛子さん  「遺言書は、お金持ちが書くものじゃないの?」

すずきさん 「そう思っている人も多いけど、実は違うの。遺言書を書くのは、相続争いを防ぐためなんだけど、財産の少ない人のほうが争いになりやすいの。財産が多いと、気持ちに余裕があるから、多少の財産の多い少ないは許せるけど、財産が少ないと、この機会にできるだけ多くの遺産をもらいたいと思って、相続人同士で譲り合いの精神が働かなくなるの。兄弟姉妹で、長年の感情の鬱積があると、正直、まともに話し合うこともできなくなるのよ。」

family_isan_arasoi

愛子さん  「相続でもめてる話はよく聞くわ。」

すずきさん 「「遺言書がないと、相続人同士で、だれがどの財産を相続するのかを決めないといけないの。例えば、兄弟姉妹で争いがあって、この話し合いがうまくいかないと、家庭裁判所に調停を申し立てることになるの。1か月に1回程度、家庭裁判所に行って、うまく和解できるといいけど、なかなか難しいの。半年~1年、もっと長い期間かかっているケースもあるわ。こうなると、和解しても、その後の親戚づきあいはなくなるわね。」

愛子さん  「それは悲しいね。せっかく縁があって、兄弟姉妹になったのに。」

すずきさん 「親が生きているうちは、仲よくみえていた兄弟姉妹も、両親が亡くなると、お嫁さんやお婿さんがついて、自分たちの権利を主張しだすことが多いわ。今は、給与も増えない世の中だから、子どもたちも自分たちの将来を考えると、“この機会に少しでも多くもらいたい”と思うでしょう。」

愛子さん  「そうよね。“うちは子どもたちは仲がいいから大丈夫”という考え方じゃなく、“もめる”ということを前提に考えないといけないのね。」

すずきさん 「子どもの側から、“親に遺言書を書いてもらいたいのですが・・・”という相談を受けることもあるわ。遺言書を書いてほしいと思っても、なかなか切り出せない。親が高齢になればなるほどそうよね。私は、子どもが心配しないように、親が遺言書を書いておくことが、親の務めだと思っているの。親が自分の遺産をあげる人を決めておいてくれて、子どもは、それを有難くいただく、それが理想の財産の分け方じゃないかしら。」

愛子さん  「なるほど~そうかもね。」

POINT 財産が少なくても、遺言書は書くべし!!

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: 遺言 | タグ: ,

平成28年12月2日(金)「遺言書の書き方」セミナー

自分の財産のことが気になり、遺言書を書こうか迷っている方、あるいは、遺言書を書きたいけど、書き方がわからないという方、最終的には、公正証書遺言にしたいけど、まだ、そこまでは考えていないという方向けのセミナーです。

日時 : 平成28年12月2日(金) 13:30~15:00

場所 : すずき行政書士事務所

   芦屋市業平町1-17-203 JR芦屋駅南出口徒歩1分

   (阪急芦屋川徒歩10分、阪神芦屋駅徒歩10分)

費用 : 1,000円   人数 : 女性限定4名 

講師 : 行政書士 鱸 弥生

fotolia_50491868_subscription_monthly_m

遺言セット(用紙・封筒)付き

遺言書は、法律で書き方が厳格に決められており、間違うと無効になったり、相続争いの原因にもなります。正しい法律知識を身につけ、遺言書を書いてみましょう。当日は、ひな形に沿って、書いていただきます。参加者の特典として、自分で書いた遺言書を後日、チェックさせていただきます。

方式のチェックのみ 10,800円 相談料込み 32,400円

報酬表にはないメニューなので、お得です!!

チラシはこちら %e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%80%8c%e9%81%ba%e8%a8%80%e6%9b%b8%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%80%8d%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%8012-2

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: Smiling Ending Note, トピックス, ブログ | タグ: ,

平成28年12月6日(火)「エンディングに向けての課題探し」セミナー

漠然と、「私の老後は大丈夫なんだろうか?」と思われている方向けのセミナーです。セミナーで

は、老後に向けての課題を、エンディングノートに沿って考えていきます。セミナーの始めと終わり

「課題シート」にチェックを入れていただき、セミナー終了後には、自分の課題がクリアになること

を目指します。暗い話になりがちなテーマですが、参加者のみなさんと一緒に勉強することで、明

るい気持ちになれます!!

日時 : ①平成28年12月6日(火) 13:30~15:30

場所: すずき行政書士事務所にて  芦屋市業平町1-17-203 JR芦屋駅南出口徒歩1分
(阪急芦屋川徒歩10分、阪神芦屋駅徒歩10分)zatsudan_woman

人数 : 女性限定4名        

費用 : 1,000円

講師 : 行政書士 鱸 弥生

お申し込みは、お電話またはメールにてお申込みください。

 

チラシはこちら → %e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%80%8c%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ab%e5%90%91%e3%81%91%e3%81%a6%e3%81%ae%e8%aa%b2%e9%a1%8c%e6%8e%a2%e3%81%97%e3%80%8d%e3%82%bb%e3%83%9f

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: Smiling Ending Note, トピックス, ブログ |

11月16日(水)「遺言書の書き方セミナー」のご案内

自分の財産のことが気になり、遺言書を書こうか迷っている方、あるいは、遺言書を書きたいけど、書き方がわからないという方、最終的には、公正証書遺言にしたいけど、まだ、そこまでは考えていないという方向けのセミナーです。

日時 : 平成28年11月16日(水) 13:30~15:00

場所 : すずき行政書士事務所

   芦屋市業平町1-17-203 JR芦屋駅南出口徒歩1分

   (阪急芦屋川徒歩10分、阪神芦屋駅徒歩10分)

費用 : 1,000円   人数 : 女性限定4名 

講師 : 行政書士 鱸 弥生

fotolia_50491868_subscription_monthly_m

遺言セット(用紙・封筒)付き

遺言書は、法律で書き方が厳格に決められており、間違うと無効になったり、相続争いの原因にもなります。正しい法律知識を身につけ、遺言書を書いてみましょう。当日は、ひな形に沿って、書いていただきます。参加者の特典として、自分で書いた遺言書を後日、チェックさせていただきます。

方式のチェックのみ 10,800円 相談料込み 32,400円

報酬表にはないメニューなので、お得です!!

チラシはこちら%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%80%8c%e9%81%ba%e8%a8%80%e6%9b%b8%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%80%8d%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%80%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: トピックス, 遺言 |

「エンディングに向けての課題探し」 セミナー開催のご案内

漠然と、「私の老後は大丈夫なんだろうか?」と思われている方向けのセミナーです。セミナーで

は、老後に向けての課題を、エンディングノートに沿って考えていきます。セミナーの始めと終わり

「課題シート」にチェックを入れていただき、セミナー終了後には、自分の課題がクリアになること

を目指します。暗い話になりがちなテーマですが、参加者のみなさんと一緒に勉強することで、明

るい気持ちになれます!!

日時 : ①平成28年10月25日(火) 13:30~15:30

②平成28年11月22日(火) 13:30~15:30

場所: すずき行政書士事務所にて  芦屋市業平町1-17-203 JR芦屋駅南出口徒歩1分
(阪急芦屋川徒歩10分、阪神芦屋駅徒歩10分)zatsudan_woman

人数 : 女性限定4名        

費用 : 1,000円

講師 : 行政書士 鱸 弥生

お申し込みは、お電話またはメールにてお申込みください。

メールの場合、「題名」にその他を選択していただき、セミナーの日程(①平成27年10月25日など)を

ご記入ください。

チラシはこちら → %e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ab%e5%90%91%e3%81%91%e3%81%a6%e3%81%ae%e8%aa%b2%e9%a1%8c%e6%8e%a2%e3%81%97%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%80%e3%83%81%e3%83%a9

 

 

 

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: Smiling Ending Note, トピックス |

簡単!! 「遺言書の書き方」セミナー

自分の財産のことが気になり、遺言書を書こうか迷っている方、あるいは、遺言書を書きたいけ

ど、書き方がわからないという方、最終的には、公正証書遺言にしたいけど、まだ、そこまでは

考えていないという方向けのセミナーです。

日時 : ①平成28年10月5日(火) 13:30~15:00 受付終了

②平成28年10月21日(金) 13:30~15:00

場所 : すずき行政書士事務所                fotolia_50491868_subscription_monthly_m

   芦屋市業平町1-17-203 JR芦屋駅南出口徒歩1分

(阪急芦屋川徒歩10分、阪神芦屋駅徒歩10分)

 

人数 : ①女性限定2名 ②女性限定4名

費用 : 1,000円

講師 : 行政書士 鱸 弥生

 

遺言書は、法律で書き方が厳格に決められており、間違うと無効になったり、相続争いの原因

にもなります。正しい法律知識を身につけ、遺言書を書いてみましょう。当日は、ひな形に沿っ

て、書いていただきます。参加者の特典として、自分で書いた遺言書を後日、チェックさせてい

ただきます。     fotolia_85973811_subscription_monthly_m

方式のチェックのみ 10,800円 相談料込み 32,400円      

お申込みは、0797-55-6203 まで

チラシはこちら → %e3%80%8c%e9%81%ba%e8%a8%80%e6%9b%b8%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%80%8d%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%80%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: トピックス, 遺言 |

電子書籍出版しました。

「40代・50代から始める遺族に迷惑をかけない!!エンディングノートの書き方」

e-book 表紙

Smiling Ending Note®の無料ダウンロード数は3万件を超えました。たくさんの方にダウンロード

していただき、とてもうれしく思っております。

そんななか、どうやって書いたらいいのかわからない、難しい解説を読むのがしんどいというお声

を頂戴しました。そこで、本書は、夫と一人息子を持つ花子さん、最近夫を亡くし、子どももいない

友子さん、そして、行政書士すずきさんとの会話形式で、イラストや図を入れながら、難しいことも

わかりやすく解説しています。

一般的には、65歳以上が適齢期と思われているエンディングノートですが、40代・50代の早い時

期から、これから起ってくる問題を意識し、準備することで、回りに迷惑をかけずに、自分の望む

人生を送ることができます。

年金の減額は目に見えており、医療費や介護費用など、団塊世代が75歳以上になる頃には、負

担割合が今以上に増える可能性があります。それらをみすえて、今から準備しても早過ぎることは

ないでしょう。

ご購入者の特典として、エンディングノートをダウンロードしていただけますので、実際にエンディ

ングノートを書くこともできます。また、資料として、「相続手続きチェックリスト」をつけているので、

万一のとき、遺族の負担を軽減してくれます。

ビビッっときた方は、是非、ダウンロードしてくださいね。

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: Smiling Ending Note, トピックス, 新着情報 | タグ: , , ,

スマイリング・エンディングノート 追加しました

 

スマイリング・エンディングノート

新らしいデザイン「仏陀の祈り」他、改訂版を4冊追加しました。

枠を大きくとったユニバーサルデザインは、解説を加え、とてもわかりやすくしました。

かわしらしい「こてんし」は、池田真佑良さんのデザインです。

是非、ご覧ください。

 

この記事を気に入った方はクリックしてくださると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
カテゴリー: Smiling Ending Note, ブログ | タグ: ,
1 2 3 4 5 6 29
このページのトップへ